仏壇はいつまでに購入しなければいけないのか

仏壇は四十九日の忌明けの法要まで購入しなければいけないと言う人が多いです。しかし、仏壇はいつまでに購入しなければいけないと決められているわけではありません。また、誰も亡くなっていないの買うと縁起が悪い、うるう年に買うのは避けた方がいいと言われることもあります。しかし、これらはまったくの迷信です。振り回されないようにしましょう。家を新築したのをきっかけに買う人もいますし。お彼岸やお盆に合わせて買う人も少なくありません。買おうと考えたときが買い時です。ただ、買うと決めたら、まずは安置場所をきちんと決めて、その場所の寸法をしっかりと測りましょう。買ってから収まらなかったでは大変なことになってしまいます。また、仏壇は観音開きなので、両側に扉が開くわけです。このスペースのことも考えなければいけません。

仏壇を購入するときはどうすればいいのか

仏壇を購入する場合、まずはどこに置くかを決めることになります。しかし、置く場所を決めればOKと言うわけではありません。その場所の、高さと幅と奥行きを間違えずに測ることを忘れないようにしましょう。また、予算もしっかり考えておくことです。そのとき、仏壇の価格だけに目を向けてはいけません。仏壇を購入すれば、仏具も必要になります。仏具の価格にも目を向けましょう。価格はかなり幅広いですが、30万円から60万円のものが人気です。また、何年も使っていれば、修理が必要になることもあるかもしれません。アフターケアをきちんとしてくれる、信頼できるお店で買うのが基本になります。ただ、安売りや展示会で購入する場合は、アフターケアが受けられない場合もあります。アフターケアについては、きちんと聞いておかないといけません。

仏壇を購入する際に考慮したいこと

仏壇を購入しようと決めた時には、すぐに買うことが出来ません。買うために事前に知っておかなければならない知識や、把握しておかないといけない点などがありますので注意します。買わなければならない状況になった時というのは多くは身内がなくなったときでしょう。購入する時期に決まりはないと言われていますが、49日が終わるころまでに購入するのが良いと一般的には言われています。けれどゆっくり時間をかけて決めるのも悪くありません。一周忌を目安に考えましょう。仏壇を置く際には方角も決まっているとされています。しかし、その考え方にはいろいろあります。西方浄土という考え方は極楽浄土を意味しており、西向きに向かって拝むために東に置くという考え方です。そのほかにも南面北座説という考え方もあります。これは中国から伝わった考えです。本山中心説という考えもあります。一般的には東向きや南向きに置く方が多いです。おいてはいけない場所もあります。直射日光や湿気の多いところは避けましょう。