仏壇を購入する部屋のイメージがわかない

仏壇を買い替えではなく、新しく購入するとなると考えないといけないのが、まず置く場所ですね。初めから仏間があるお家なら問題はないでしょう。和室があるお家なら、仏間が無くとも和室のどこかにと考えるでしょう。大きさはともかく、和のものは和が似合います。最近建てられた家やマンションでも、あえて和室を一部屋つくる、または選ぶ方も多いようです。しかし、洋室だけのお家の場合、どの部屋に置くのかから考えなくてはいけません。昨今の住宅事情に合わせた様々なタイプがありますが、一番驚いたのは、家具にしか見えなかった仏壇です。扉が閉じていると洋風のクローゼットにしか見えませんでした。隠さなければならない扱いは仏様に失礼なのかもしれませんが、必要な時に開き出して普段はインテリアを損なうことないように閉じられる、それも一つの仏壇の置き方、とらえ方なのでしょう。

場所を決めてから行いたい仏壇の購入

仏壇は、仏間などに置いてあるよく見かける形のものが一般的です。しかし、最近は棚などの上に置けるものや、洋間に置いても違和感がないような家具調のものなど、様々なタイプから選ぶことができます。また、素材もいろいろあり、色も豊富になっているので、購入する際には選択肢が以前よりも増えています。コンパクトなものも多くなっているので、置く場所がないという悩みにも対応してくれています。しかし、購入する前に、置く場所はきちんと決めておく必要があります。それは棚の上でも同様です。微妙な違いで安定しなくなる場合もあるので、置く場所の広さはきちんと計って行くことが大切です。また、直射日光が当たる場所や台所の近くで湿気が多い場所など、傷みやすい場所もあるので、それらの場所はなるべく避けることが好ましいとされています。

新しく仏壇を購入する際のポイント

新しく仏壇を購入する際には、事前に考慮したいポイントがいくつかあります。家に仏間があればそこに安置します。しかし、最近の住宅は仏間がないことも多いので、その場合は家族が手を合わせやすいところに置くことが望ましいとされています。仏間以外の場所の決まり事は特にありませんが、直射日光が当たる、湿気が高い場所は置かないほうが良いでしょう。もし神棚がある家だった場合には、向かい合わせにならないように置くのはしきたりとなっています。購入する時期に決まりはありません。新しく購入する際には、開眼供養をしてもらいます。本位牌と一緒にすることが多いので、四十九日の法要を行う頃までを目安にすると良いでしょう。開眼供養は、菩提寺の住職に来てもらって読経してもらいます。それができない場合は、位牌持ってお寺に行き、そこで読経してもらいます。